ウォータースタンドは定額制で家計にやさしく使えそうですけど、初期費用が気になりませんか?

 

工事もありますし分岐水栓の部品も必要ですから、追加でいくら掛かるのか心配ですよね。

 

 

 

申込んだ後に「えっ!聞いてないんですけど!?」なんてことにならないよう、しっかりと下調べしておく方が安心ですよね。

 

 

 

わが家ではウォータースタンドを愛用しているので、初期費用がいくらだったのかバッチリ分かっています。

 

そこで、わが家で実際にかかったウォータースタンドの初期費用の引き落とし額を公開します。

 

 

 

意外な金額だと思うので、利用を検討しているならぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

ウォータースタンドの初期費用はどの位かかる?

 

わが家で設置したのはウォータースタンドのナノラピア ネオです。

 

 

 

 

初回工事は専門スタッフがすべて取り付けてくれるので、

 

  • 取付工事
  • 作業員の出張費
  • 分岐水栓代
  • モール養生費
  • 初回手続きの事務手数料 など

 

が発生する可能性があります。

 

 

 

 

でも、実際にわが家で設置の際にかかった初期費用は、、、

 

 

0円!

 

 

 

 

つまり、初期費用ナシで設置してもらいました。

 

ちなみに機種による違いはありませんので、ウォータースタンドではどのサーバーを使っても初期費用は0円です。

 

 

 

ウォータースタンド以外の水道直結ウォーターサーバーで初期費用はかかる?

 

水道直結ウォーターサーバーにはウォータースタンド以外にも数社あります。

 

クールクーや楽水ウォーターサーバーなど、他社との初期費用を比較してみました。

 

 

水道直結ウォーターサーバー 初期費用
ウォータースタンド 0円
クールクー 4,200円か4,900円(サーバーにより異なる)
楽水ウォーターサーバー 5,000円~(工事費無料プランもありますが、月額料金が上がります)
ピュレスト 10,000円

初期費用として工事費をとっている会社ばかりの中で、ウォータースタンドだけ標準で0円です。

 

 

 

ウォータースタンドの初期費用が安くてお得です!

 

なんていうのはカンタンですけど、どうして無料にできるのか不思議に思いませんか?

 

 

 

はっきりと担当の人に聞いた訳ではありませんが、おそらく次のようなことから初期費用を無料にしているんだと思います。

 

 

ウォータースタンドの初期費用が無料に出来る理由

 

1.工事がシンプルでかんたん

 

ウォータースタンドの取付工事はとても簡単です。

 

 

①蛇口に分岐水栓を付ける

 

 

②サーバーにホースをつなぐ

 

 

③モールで養生する

 

 

④取付完了!

 

 

穴もあけませんし、電気工事の資格がいるような難しい作業はまったくありません。

 

蛇口を外して分岐水栓を取り付けて、ホースでつないでコンセントに差し込むだけです。

 

 

DIY好きだったり、ウォシュレットや洗濯機を自分で取り付けたことがあるなら、パパでもできるくらい簡単です。

 

 

 

担当の人との雑談の中で、ウォシュレットを自分で取り付けた経験があることを言ったら、「お客様にも取付できますね」と言われたほどです。

 

 

確かに、見ていて私にもできそうなくらい簡単でした。

 

 

 

2.工事費がかかると設置のハードルが上がる

 

取付工事に費用がかかるとなると、設置をためらったりしませんか?

 

エアコンのように素人ではどうしようもない電化製品ならまだしも、ウォーターサーバーの設置に費用がかかるとなると、考えてしまいます。

 

 

 

ウォータースタンドは使えばいいものだと分かるので、まずは使ってもうことを優先しているんだと思います。

 

何故かというと、ウォータースタンドの解約率は1%未満なんですから。

 

 

 

使ってもらえば続けて利用してもらえるので、最初の設置は無料にしているんだと思います。

 

 

 

ちなみに4,000円もあれば、家族3人でちょっと豪華な外食もできる金額。

 

浮いたお金で家族でディナーなんてのもいいですね。

 

 

 

ウォータースタンドを設置して、わが家でかかった初期費用を公開

 

ウォータースタンドは初期費用がかかりませんので、月額料金のみの請求が来ます。

 

初月は日割りになりますので、かかった金額は次の通りです。

 

 

▼初月 1,948円▼

 

 

 

ちなみに、2ヶ月目はこんな感じ。

 

 

▼2ヶ月目 4,298円▼

 

 

定額制なので3,980円+税のみで使えていますね。

 

 

画像を見てお分かりの通り、ウォータースタンドでは初期費用が別に掛かるなんてことはないので安心してください。

 

 

 

ウォータースタンドを解約するときの条件は厳しい?

 

ウォータースタンドが初期費用を0円にしているなら、しばり厳しかったり違約金が高いのではないか?なんて不安になりませんか?

 

 

大丈夫です。

 

 

ウォータースタンドは解約の条件もユーザーにやさしいんです。

 

 

水道直結ウォーターサーバー 1年未満 2年未満 3年未満 3年以上
ウォータースタンド 10000円 0円 0円 0円
クールクー 解約+撤去料 40000円 解約+撤去料 30000円 解約+撤去料 20000円 解約料 10000円
楽水ウォーターサーバー 約54000円~37800円 約36200円~19600円 約18100円~1500円 0円
ピュレスト 8940円~11940円 5960円~7960円 2980円~3980円 0円

 

 

ウォータースタンド以外は解約するときも高額で分かりづらいですね。

 

 

使い始めやすく、止めるときの条件も低いウォータースタンドに利用者が集中するのがよく分かります。

 

 

ウォータースタンドの初期費用が安いとこんなに助かる

 

ウォータースタンド以外では初期費用がかかるので、ウォータースタンドで始めると、単純にお金が浮きます。

 

例えば、10,000円浮いたとすると、

 

初期費用が安いメリット
  • 1週間から10日分の食費に充てられる
  • ちょっと豪華なディナーを食べられる
  • 他の光熱費に充てられる
  • 子供の洋服やミルク代に充てられる
  • へそくりを溜められる

 

と他の日用品に充てられたり、将来のために蓄えておくこともできますね。

 

 

わが家ではしっかり食費に充てて、1か月分の食事代を少し浮かせることが出来ました。

 

 

とはいえ、私が絶賛しているウォータースタンドでも、いきなり申し込むのはおすすめできません。

 

 

なぜなら、あなたのお宅とわが家では、家族構成も違えば使用用途も異なるからです。

 

 

 

ウォータースタンドを検討しているなら1週間の無料お試しができるので、一度使ってみてから申し込むかどうかを決めるといいですよ。

 

 

実際に私もお試しをして申し込みを決めたので、その様子をまとめた記事を参考にしてみてください。

 

 

 

おすすめの記事