• 宅配水ウォーターサーバーの料金が高いのが悩み
  • 定期配送の休止や残水の調整がめんどくさい
  • 水道水が臭くて簡易浄水器くらいでは飲めない

 

そんな家庭に選ばれているのが「ウォータースタンド」です。

定額制の使い放題なので、ジャブジャブ使ってもお財布にやさしい!という優れもの。

 

 

最初に設置してしまえば後は使うだけなので、宅配水ウォーターサーバーからの乗り換えが多いのもうなずけます。

 

・・・だからといって、すべての家庭にウォータースタンドがおすすめ!というわけではありません

 

ウォータースタンドにもデメリットがあり、合う家庭・合わない家庭があります。

 

わが家では実際にウォータースタンドを使っているので、ウォータースタンドのデメリットだけでなく、

 

  • ウォータースタンドの実物を見て驚いたこと
  • ウォータースタンドを使い始めて変わったこと
  • ウォータースタンドがおすすめの家族構成

 

このようなポイントに焦点をあてて解説をしていきます。

 

ウォータースタンドの設置を検討するために知っておいて損はないので、最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

ウォータースタンドはどんな水道直結ウォーターサーバー?

 

ウォータースタンドは水道から自動で水を供給して、温水・冷水、さらには常温水が抽出できるサーバーです。

 

室温と同じくらいの温度の常温水が出るので、飲用としてだけでなく料理や炊飯など何でも使えます。

 

ウォータースタンドの特徴
  • 定額制で使い放題できる
  • 温水・冷水・常温水の三種類の温度が使える
  • 水道直結のため宅配ボトルのような手間がない
  • 水道水が湧き水のようなおいしさになる
  • 半年に1回フィルター交換、メンテナンス

 

赤ちゃんのミルクから大人の飲用水まで、ウォータースタンド1台あれば家中の水には困りません。

だから、乗り換えで水道直結にする家庭や初めてウォーターサーバーを使う家庭に選ばれているんです。

 

 

とはいえ、デメリットが無いわけではありません

 

 

ウォータースタンドのデメリットが許容できる範囲かチェックしてみて!

 

ウォータースタンドもすべての家庭に100%合うとはいえません。

そこで実際に使ってみてデメリットと感じたことをまとめて紹介します。

 

 

ウォータースタンドのデメリット1:工事が必要

 

ウォータースタンドは水道直結なので、必ず水道から給水するための工事が必要です。

 

工事の内容は、①蛇口の部分に分岐水栓を付ける、②ホースをはわしてサーバーに接続、③モールでホースを養生する。

 

 

「工事」という響きから大掛かりな工事をイメージしてしまいますが、実際には60分もあれば終わります。

 

穴あけも必要ありませんし賃貸でもできる内容です。

 

宅配水ウォーターサーバーのように自分で組み立てる必要はありませんが、立ち合いしないといけない手間は発生します。

 

 

ウォータースタンドのデメリット2:稼働音がする

 

ウォータースタンドはコンプレッサーで水の温度を下げて冷水にします。

この時に冷蔵庫のような「ブーン」という稼働音がするんですね。

 

 

音自体は日中はまったく気にならないレベルですが、夜中のシーンとしているときは時々ブーンと音がなるのが気になります。

 

少しの物音でも目が覚めるタイプの人は、寝室には置かない方がいいでしょう。

 

 

 

ウォータースタンドのデメリット3:光が強い

 

これも昼間はまったく気になりませんが、夜は意外と光が強く感じます。

というのも、ウォータースタンドのランプは白色なので、夜中の真っ暗な中では白い光は目立ちます。

 

 

寝室に置くには強い光なので、キッチンやリビングなど暗闇の中で光っても問題ない場所に置く方がいいですね。

 

 

ウォータースタンドのメリットを一言で言うと「ラクになる」!

 

ウォータースタンドは設置場所さえ気を付ければ、取り付けた後は使うだけなので、とにかくラク!

 

宅配水のように、水の受取や保管、交換などの手間は一切いりません。

 

キンキンに冷えた冷水・アツアツの温水が蛇口をひねるように使えるんです。

 

 

 

料理や炊飯のときは冷水・温水・常温水をコックだけで使い分けられるので時短にもなります。

 

子どもがガブ飲みしても安心できるのは、高性能フィルターを搭載したウォータースタンドならではです。

 

ウォータースタンドを利用する人が多い理由

 

ウォータースタンドは自宅の中に小さな浄水場ができるイメージです。

水道から自動で水を供給して、冷水・温水がすぐ出る状態にしてくれています。

 

コックを押すだけで好きな温度の水が出てきますし、しかもおいしい

 

 

簡単な掃除は必要ですが、サーバーの品質を維持するためのメンテナンスは半年に1回、専門のスタッフがやってくれます。

 

メンテナンス料金もいらないので、毎月の月額料金だけ支払っておけばおまかせできるんです。

 

 

だから、10万世帯以上で使われていますし、いま全国に広がっているんですね。

 

>ウォータースタンドの口コミから分かった「ウォータースタンドが向いている人・向いていない人」

 

 

 

ウォータースタンドを使い始めて変わったこと

 

ウォータースタンドを使い始めて、水に関する負担から解放されました。

 

  • ペットボトルの水を買う手間も費用も掛からなくなった
  • スーパーの格安の水を汲みに行く必要がなくなった
  • 冷蔵庫で冷やしたり、電気ポットに水を注ぐ必要がなくなった

 

このようにわが家では生活の負担がなくなり、楽になりました。

 

さらに子供が甘いジュースを飲まなくなり、のどが渇けば自分でウォータースタンドから水を飲むようになったんです。

「水大好き~♪」なんて調子のいいことを言っていますが、水をおいしそうに飲んでいる姿を見ると思わず顔がほころびます。

 

 

しかも、ふりかけや海苔がないと食べなかった白ご飯をお代わりするほどに!

甘くて食べやすいといって、残さずにたいらげる様になったんですよ。

 

 

ウォータースタンドがおすすめな家族構成

 

ウォータースタンドがおすすめなのは子どものいる家庭です。

定額制の使い放題なのでガブ飲みしてもお財布にやさしいですが、逆に一人暮らしなどには向きません。

 

 

少人数で使うとデメリットにもなりますので、3人以上の家族での使用をおすすめします。

子供がいるならホントに水ばかり飲んで、ジュースを飲む回数が減りますよ。

 

 

ウォータースタンドのデメリットが許容できるか確認する方法

 

ウォータースタンドは水道直結して使うだけなので、実際に使ってみると手間が省けて便利になります。

 

ただし、デメリットもあるので、それが許容できる範囲かは各家庭で異なります。

 

 

使ってみないと分からないなんて不安、、

 

なんてウォータースタンドの利用を諦めないでください。

 

ウォータースタンドはお試しすることが出来るんですから。

 

 

1週間たっぷり無料でお試しできるので、デメリットが許容できるかをしっかりチェックできます。

 

デメリット部分が許容できないならお試しの段階で断れるので、リスクはありません。

 

実際にお試しした時の様子をまとめているので、参考にしてみてください。

 

 

おすすめの記事